[PR]

 大阪大、九州大、ニコンの研究チームが、がんの組織を体から切り取らず、その場で診断する方法を開発した。赤外線レーザーや人工知能(AI)技術による画像解析を組み合わせた。患者を傷つけず、迅速に診断できる可能性がある。米専門誌キャンサーリサーチに23日、発表した。

 がんの最終診断は、がんが疑われる部分を切って、病理医が顕微鏡で観察して診断する。ただ、観察用の標本を作るためにホルマリン固定などの処置が必要で、時間がかかる。標本が少ないと診断が確定できないなどの課題がある。

 研究チームは、近赤外線のレーザーを組織にあて、発生する光をとらえる「生体イメージング」技術が進歩してきたことに注目。この技術を使って、がん組織を切ったり標本に固定したりせず、3次元で観察できることを示した。

 子宮頸(けい)がんの手術で切…

この記事は有料会員記事です。残り343文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。