火災、水没…炭都夕張の象徴は再開できる?坑道に入った

有料会員記事

斎藤徹
【動画】夕張市の石炭博物館模擬坑道が火災後、報道陣に初公開=斎藤徹撮影
[PR]

 北海道夕張市の石炭博物館の模擬坑道で昨年4月に火災が発生し、消火作業で水没した。実際に採炭に使われていた坑道を、観光用にした国内唯一の施設で、夕張市は観光の目玉として再開をめざしている。その模擬坑道が火災後、報道陣に初めて公開された。

水没した坑道内に入る そこには……

 模擬坑道は延長が約186メートル、深さは約20メートルあり、明治時代の1900年に開坑した「天竜坑」の補助的な坑道だった。本坑は38年に161人の犠牲者を出す爆発事故が起きて閉鎖されたが、模擬坑道は鉱員養成の場として残った。

 7月13日、約1年3カ月ぶ…

この記事は有料会員記事です。残り1420文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら