[PR]

 第44回全国高校総合文化祭「こうち総文」が31日から始まります。今年は高知県内で開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染防止のため、インターネットが主な舞台に。「WEB(ウェブ) SOUBUN(そうぶん)」と題して、10月31日まで、日頃の活動の成果を動画で披露します。全23部門の参加校の一部を紹介します。

 総文祭の大きな特長のひとつが、生徒が企画運営の中心を担うこと。高知でも、総勢84人の生徒実行委員会が、初の地元開催に向けて3年がかりで準備を進めてきた。「私たちが元気な姿を見せ、大会を盛り上げたい」。ウェブ開催となり、多くの計画が変更を余儀なくされた今も、その思いは変わらない。

拡大する写真・図版総合開会式の視聴を呼びかける動画を撮影する生徒実行委員会のメンバーら=2020年7月12日午前11時13分、高知市、尾崎希海撮影

 「そんなに深刻に考えんかったでね。全国一斉休校になるまで」「流行(はや)っちゅうらしいねとか、怖いね、とかのことで」

 生徒実行委のメンバー5人が、8月6日の総合開会式で披露する構成劇の練習をしていた。もともとは県内4校の合同オーケストラが地元ゆかりの曲を演奏する予定だったが、コロナの影響で取りやめに。急きょ、演劇未経験の5人が舞台に上がることになった。

 コロナ禍で感じたことやウェブ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら