【動画】宝塚歌劇団でトップ娘役として活躍した実咲凜音さんと妃海風さんが対談した=杢田光撮影
[PR]

 宝塚歌劇団の「華の95期」で元トップ娘役の実咲凜音(みさきりおん)さんと妃海風(ひなみふう)さんが、花組「はいからさんが通る」の公演2日目(7月18日)をライブ配信で鑑賞しました。

 ともに2009年に入団し、実咲さんは花組で3年過ごして宙組に異動。妃海さんは星組ひとすじで活躍しました。同期ならではの仲良しトークをお楽しみください。

拡大する写真・図版実咲凜音さん(右)と妃海風さん=東京都港区、伊ケ崎忍撮影

  宝塚が、動画配信サービスで公演を丸ごと生配信するのは今回が初めてです。

 実咲「今日は初めての生配信だからドキドキする」

 妃海「海外や地方の方も気軽にみることができるのは、とてもいいこと。こうして私たちも一緒にみることができて!」

 2人は花組トップスター柚香光(ゆずかれい)さん(愛称・れい)の同期。実咲さんは2017年にこの舞台の初演を観劇し、妃海さんは今日が初めてです。午後1時の開演時刻が迫る中、パンフレットに載る軍服姿の柚香さんに大盛り上がり。

 実咲「れいちゃん、格好いい!」

 妃海「絵になるね! でもキャーッとはならない。それこそ同期だからね」

 緞帳(どんちょう)が上がり、キラキラの題字と原作の漫画の絵が現れました。

 妃海「わあ、かわいい! 演出家はどなただろう?」

拡大する写真・図版実咲凜音(右)と妃海風=東京都港区、伊ケ崎忍撮影

 実咲「小柳(奈穂子)先生。初演のとき、華ちゃん(トップ娘役の華優希(はなゆうき)さん)がすごく可愛かったから、今日も楽しみ」

いよいよ開演 同期に「おおー!」

 午後1時、待ちに待った公演がスタート。センターから柚香さんがさっそうと登場し、漫画から飛び出したような美麗な登場人物が次々と出てきます。

 妃海「華やかだね。こんなにも完璧に再現できるのはタカラジェンヌだけ。客席のみなさんの拍手に、祝福の思いが込められているのを感じる」

 実咲「やっぱりオープニングって楽しいね。大劇場ならではの空気感と迫力がある」

 続いて、軍曹役で同期の男役スター水美舞斗(みなみまいと)さんが色香あふれるポーズを決めると、2人から「おおー!」と歓声が。

 妃海「宝塚音楽学校の頃は甘え…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら