[PR]

 「時代屋の女房」など一貫して庶民の力強さを描いてきた森崎東監督が16日、92歳で亡くなった。松竹大船撮影所以来の仲間であり、映画「男はつらいよ」の1作目では脚本を共作した山田洋次監督が思い出を語る。

拡大する写真・図版「野良犬」を演出中の森崎東監督=松竹大船撮影所

 森崎君は1965年、松竹京都撮影所が閉鎖されて大船撮影所に移ってきました。それ以来、親しく付き合いました。年齢は森崎君が少し上ですが、当時の大船には、監督のことを誰もが「○○さん」と呼ぶなど、みんな仲間だという意識がありました。

 ひげが濃くて声が太く、長崎県出身だったので、九州の侍という風情がありました。漢詩を朗々と吟じるなど、学識豊かで、とても魅力的な話し手でした。

■森崎作品、感情の爆発の背景に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら