[PR]

 作家司馬遼太郎(1923~96)の代表作ともいえる歴史小説『坂の上の雲』。松山出身の軍人秋山兄弟と俳人正岡子規を軸に、日露戦争とその時代を描いた作品は小説の枠を超え、「司馬史観」という言葉が生まれるほど、日本人の歴史観に影響を与えてきた。時にナショナリズム高揚に結びつけられることもあったこの作品は、現実の歴史に肉薄しているのか。それとも、歴史をベースにしたエンターテインメントに過ぎないのか。研究者や歴史学者らに聞いた。

拡大する写真・図版『坂の上の雲』執筆当時の司馬遼太郎

 日露戦争の天王山となった1904年の旅順要塞(ようさい)・二〇三高地を巡る激戦。膨大な戦死傷者を出し続ける乃木希典将軍と参謀らの作戦指導に危機感を抱いた児玉源太郎総参謀長は、ついに乃木の指揮権を剝奪(はくだつ)し、自ら二〇三高地の攻略に乗り出すことを決意する。どうやって親友・乃木のプライドを傷つけず指揮権を手にするか――。知恵を絞った児玉は、乃木に事態の重大さを気づかせまいと、こう語りかける。

 「おぬしのその第三軍司令官たる指揮権をわしに、一時借用させてくれぬか」

史料を尊重しつつ、想像力を駆使

 緊迫した状況とのんびりした言葉との対比が際立つ『坂の上の雲』屈指の名場面だが、従来は「司馬遼太郎の創作では」との指摘もあった。

 「新史料による日露戦争陸戦史」などの著書がある戦史学者の長南政義さんによれば、史料「機密日露戦史」には、児玉が乃木に「一時軍司令官の指揮権をも借用したき」と話した旨が明記されている。ただし、描写は淡々としており、司馬の筆から立ち上る臨場感からは遠い。史料を尊重しつつも、想像力を駆使して会話や情景を書き加えたり、史実のある部分は大胆に省略したりして、読者が感情移入できる「物語」へと仕立ててゆく司馬の、卓越した力量が感じられる。

 日露戦争を「国民の心情におい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら