[PR]

 北海道登別市で6月22日、市立中学校の1年男子生徒(13)が転落死した問題の本格的な調査が始まった。22日、登別市教育委員会が設置した第三者委員会が初会合を開いた。生徒が死亡した原因は「いじめ」なのか、学校の指導力に問題はなかったのか。母親(39)は「真相を明らかにしてほしい」と訴えている。

 男子生徒は6月22日午前8時すぎ、自宅の集合住宅から転落死した。道警は自殺の可能性もあるとみて調べている。母親が「長男はいじめで自殺した」と学校側に訴えたことなどから、市教委は第三者委を設置した。

 第三者委の会長は竹内亮平氏(精神保健福祉士)、副会長は水上志子氏(臨床心理士)。増川拓氏(弁護士)、阿知良洋平氏(室蘭工業大講師)、皆川夏樹氏(登別市PTA連合会理事)の計5人の委員で構成されている。

 初会合は午後6時から始まった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら