[PR]

 関西の激安チェーン店、スーパー玉出(本社・大阪市西成区)のエコバッグがSNSで話題になっている。フリマサイトでも、定価の数倍から十数倍の値段がつく人気ぶりだ。

 店のイメージカラーの黄色と赤を使い、バッグの両面に大きく「玉出」の文字をあしらったデザイン。縦32センチ、横30・5センチ、幅20センチの不織布製で、1枚107円(税込み)。7月10日の販売開始から1日約800枚が売れている。

 もとは昨年5月、レジ袋有料化のPRに作った販促品だった。購入金額やキャッシュレス決済の特典として配布を始めると、ツイッターやインスタグラムに続々と写真が投稿された。

 会社員は通勤時の書類、DJはレコードを。中には骨つぼを運ぶための袋に使う人も。「ダサ可愛い」とファッション誌に載ると人気は全国区に。昨年末までに初代の黄色と2代目の赤色の計4万5千枚を配布。7月に始まったレジ袋有料化に伴い販売に切り替えた。

 フリマサイトへの出品や、コレクションにと大量に買って、有料レジ袋に入れて持ち帰る人も。「ぜひエコバッグとして持ち歩いて使って」と同社広報は話す。(遠藤真梨)