[PR]

 SNSなどで誹謗(ひぼう)中傷をした投稿者の情報開示ルールについて、総務省の有識者会議「発信者情報開示の在り方に関する研究会」の座長を務める曽我部真裕・京都大教授が朝日新聞の取材に応じた。研究会で検討するルールの見直しについて、情報発信者の権利にも十分配慮する考えを示す一方、フジテレビの番組に出演していたプロレスラー木村花さんの死去が議論に影響を与えたことも認めた。

 曽我部氏との主なやりとりは次のとおり。

 ――木村花さんの死去が議論に与えた影響は。

 「発信者の情報開示に時間と費…

この記事は有料会員記事です。残り1527文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1527文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1527文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら