[PR]

 米新聞大手ニューヨーク・タイムズ(NYT)は22日、マーク・トンプソン最高経営責任者(CEO、62)の後任に、メレディス・コピット・レビアン最高執行責任者(COO、49)を昇格させる人事を発表した。9月8日付で交代する。

 コピット・レビアン氏は2013年、米経済誌「フォーブス」の発行元からNYTに移り、広告部門の責任者などを歴任した。NYTとして史上最年少、女性としては2人目の経営トップとなる。

 声明で「報道の自由に圧力が加わるなか、民主主義が頼りとしている質の高い独立したジャーナリズムに投資しつづける」と述べ、デジタル化をさらに加速させる姿勢も示した。

 現トップのトンプソン氏は12…

この記事は有料会員記事です。残り294文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り294文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り294文字有料会員になると続きをお読みいただけます。