[PR]

 全身の筋肉が衰える難病「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)の女性患者から依頼を受け、京都市内の自宅で薬物を投与して殺害したとして、京都府警は23日、宮城県名取市でクリニックを開業する大久保愉一(よしかず)容疑者(42)=仙台市泉区=と、東京都港区の山本直樹容疑者(43)の医師2人を嘱託殺人の疑いで逮捕し、発表した。2人は女性の主治医でなく、SNSを通じて知り合ったとみられる。

 発表によると、2人は昨年11月30日午後5時半ごろ、京都市中京区のマンションでALS患者の林優里さん(当時51)に薬物を投与し、殺害した疑いがある。家にいたヘルパーには林さんの知人を装っていたという。府警は2人の認否を明らかにしていない。

 捜査関係者によると、林さんは一人暮らしで、介護が24時間必要な状態だったが病状は安定していたという。ヘルパーが異変に気づき、連絡を受けた主治医が119番通報。搬送先の病院で死亡が確認された。検査で薬物反応があったため府警が捜査し、ふだん服用していない薬が投与されていたことがわかった。防犯カメラの映像などから2人が浮かび、山本容疑者側の口座に林さんの側から150万円前後が振り込まれていたことも確認されたという。

 林さんのものとみられるブログ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら