[PR]

 あまり見慣れない光景だった。陸上の大阪選手権の第1日が23日、大阪市のヤンマースタジアム長居であり、男子100メートルに計65人がエントリーしていたが、そのうち15人が棄権。新型コロナウイルスの影響で、調整の難しさが浮き彫りとなった形だ。

 この日午前に行われた男子100メートル予選の7組目。8人がレーンに並ぶ予定だったが、スタートについたのは半分の4人だけ。電光掲示板のスタートリストには、残りの4人の名前の横に棄権や欠場を示す「DNS」の文字があった。

 地元の大阪高からは10人がエントリーしていたが、6人が棄権した。小塚湖監督によると、部活動が本格的に再開したのは6月15日。部活動ができなかった約2カ月半は自主練習に任せていたといい、小塚監督は「調整不足で欠場した選手もいる一方、自主練習中に頑張りすぎて故障した子もいる」。

 女子やり投げで優勝した佐藤友…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら