安倍首相の「完全な形」足かせに 簡素化五輪、苦難の道

有料記事

野村周平、前田大輔、斉藤佑介
[PR]

 「(観客数の削減も)シナリオの一つとして検討しなければならない」

 17日にあった国際オリンピック委員会(IOC)総会。終了後のトーマス・バッハ会長の発言は、東京五輪の大会組織委員会に波紋を広げた。

 「踏み込んだ」「意外だった」――。ある幹部は「チケット所有者には権利を守ると説明している。組織委としてまだ検討していないのに……」と困惑の表情を浮かべた。

 新型コロナウイルスの影響で3月に史上初の延期が決まった東京五輪。世界中に感染が拡大し、国内でも緊急事態宣言が出されるさなかの4月下旬、IOCと組織委との間で大会のあり方をめぐり、ひそかなやりとりが始まっていた。

 新型コロナが仮に収束しても…

この記事は有料記事です。残り1804文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!