保育園に1カ月入園 「おしいれのぼうけん」目線の先に

有料記事

松本紗知

(惜別)田畑精一さん 絵本作家 6月7日死去、89歳

 そこで本当に生きているかのように、子どもを描く。保育園の先生を囲み、我先にとしがみつく子どもたち。小さな体に力をみなぎらせ、表情やしぐさから、先生が大好きな気持ちが伝わってくる。

 絵本「おしいれのぼうけん」(1974年)のために描いた最初の絵を見て、文章を手がけた古田足日(たるひ)さんは椅子から飛び上がって喜んだという。田畑さんも原稿を読み、「僕が本当にやりたい仕事がここにある」と語ったそうだ。

 押し入れのなかで、2人の男の子が恐ろしいねずみばあさんと出会う冒険物語は、累計発行部数が230万部超のロングセラーになった。

 編集者としてかかわった童心…

この記事は有料記事です。残り681文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!