[PR]

 誰もがインターネットやスマートフォンを使う時代。ネットいじめやデジタルアクセスの格差などの課題を克服し、デジタル空間を賢く、積極的に利用する「デジタル市民」を育てなければならない。そんな教育の必要性を説く人がいる。

 「新型コロナの流行によって、『デジタル・シチズンシップ』がますます注目されつつあるように思います」。6月19日、法政大の坂本旬教授(61)は、東京・市ケ谷駅近くの研究室の一角にあるテーブルの上のマイクから語りかけた。

拡大する写真・図版デジタル・シチズンシップに関するオンラインのワークショップで講演する法政大の坂本旬教授=2020年6月19日午後4時6分、東京都千代田区、勝田敏彦撮影

 「デジタル・シチズンシップ」とは耳慣れない言葉だが、坂本さんがこの日に講師として招かれた国際大の社会科学系の研究所グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)のワークショップのテーマがこれだった。

 GLOCOMの主任研究員、小…

この記事は有料会員記事です。残り1678文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1678文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1678文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら