[PR]

 新型コロナウイルスの感染抑止策の緩和が進み、陽光に誘われ外出する人が増える英国で、「トイレ問題」が浮上している。ニーズの高まりに対し、公衆トイレの閉鎖や公共施設などの休業により使えるトイレが少なく、草むらで用を足す人が続出。女王の居城も被害に遭っている。

 「拭いた紙がたくさん捨てられていて失望した。近くにトイレがないことを覚えておいて」

 6月末、英北部スコットランドにあるバルモラル城のスタッフが、ツイッターに憤りをぶつけた。

 バルモラル城はエリザベス女王が例年、夏の休暇を過ごす場所。森林に囲まれ、一帯は観光客にも人気だ。スタッフは「小便をする必要がある時は湖や小川から少なくとも30メートルは離れて」「大便は建物や水路から極力離れ、排泄(はいせつ)物は浅く掘って埋めて」という指示も付け加えた。

実は「ロックダウン以前から」

 新型コロナによる「ロックダウン(都市封鎖)」の緩和が進み、各地の公園や行楽地は短い夏の日差しを楽しもうとする人でごった返している。一方で、衛生上の懸念から公衆トイレの閉鎖が続いたり、トイレが使えるカフェやパブ、博物館などの施設は休業したままだったりすることが少なくない。ヒッピーな若者が集うロンドン東部の公園ロンドン・フィールズでは、マナーの悪さに困った地元自治体が「ここは公園で、トイレではありません。したいなら家に帰って」という横断幕を設置した。

 公衆トイレの不足は、ロックダ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら