第3回東大の軍事オタク、イズムィコと考えた 北方領土の行方

有料記事

佐藤達弥
[PR]

 「声届け 開けよう扉 四島(しま)返還」

 こんな文句の看板を街角で見かけたことはないだろうか。ロシアが実効支配する「北方領土」の返還を求める標語だ。

 ただ、日々の報道で、返還される可能性はどれほどあるのか、という「そもそも」の話はあまり語られていないように思う。今こそ聞きたい。私と同じ38歳でロシア専門の「軍事オタク」としても知られる小泉悠・東京大特任助教に会いに行った。

記事の後半では、小泉氏のインタビュー動画もご覧いただけます。

答えは明快だった…

 東京・目黒の閑静な住宅街に…

この記事は有料記事です。残り2577文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載今こそ聞きたいDX(全18回)

この連載の一覧を見る