[PR]

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者に頼まれ、医師2人が女性を殺害したとして嘱託殺人容疑で逮捕された事件で、2人がこの患者宅に滞在したのは10分程度だったことが捜査関係者への取材でわかった。女性の知人を装い、常に付き添っていたヘルパーを別室に遠ざけるなど、計画的に致死量の薬剤を投与したと京都府警はみている。

 逮捕されたのは、宮城県名取市でクリニックを開業する大久保愉一(よしかず)容疑者(42)=仙台市泉区=と、東京都港区の山本直樹容疑者(43)。2人は昨年11月30日夕、京都市中京区のマンションを訪れ、ALS患者の林優里さん(当時51)の依頼で薬物を投与し、殺害した疑いがある。府警は24日、2人を送検した。認否は明らかにしていない。

 捜査関係者によると、医師2人は女性と面識がなく、女性宅を訪れたのも、この日が初めてだったとみられる。

 一方で、1年ほど前からツイッ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら