[PR]

 個性的な妖怪を紹介する企画展「左古文男のクセがつよい妖怪展」が、高知市九反田の横山隆一記念まんが館で開かれている。県内出身の漫画家で文筆家の左古さんの著書に登場する妖怪の原画などを紹介している。9月6日まで。

 企画展では、県内出身の漫画家らの活動を定期的に紹介。四万十市出身の左古さんは、東京を拠点に漫画やルポルタージュなど幅広い分野で活躍する。企画展での登場は初めて。

 今回は、作家・荒俣宏さん監修のもと、左古さんが個性的な妖怪を絵と文章で紹介した「クセがつよい妖怪事典」(小学館、2018年)の原画全80点を展示した。

 夜中に寝ている人の唇を奪う「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース