「中国は信用せず、検証せよ」米中の対立、新たな段階に

有料会員記事

ワシントン=大島隆 北京=冨名腰隆
[PR]

 米中が互いの総領事館を閉鎖しあうなか、ポンペオ米国務長官が歴代政権が積み重ねてきた対中政策との決別宣言をした。大統領選に向けたアピール色も強いが、両国関係の悪化が国交正常化以来の深刻さにあるのは事実。打開の糸口は見当たらず、米中対立はまた新たな段階に入りそうだ。

 「ニクソン大統領の歴史的訪中によって、我々の関与戦略は始まった」

 23日、ポンペオ国務長官が演説の舞台に選んだのは、そのニクソン大統領に関わる公文書を保存した図書館だった。

 会場には70年代と80年代に中国で起きた民主化要求運動で共産党政権に抗議し、米国に逃れた魏京生氏と王丹氏も招いた。経済発展が中国の民主化を促すという関与政策の見通しの甘さは、彼らの存在と境遇が証明している――。そう言わんばかりの演出だった。

ここから続き

 ポンペオ氏は「(歴代の)政…

この記事は有料会員記事です。残り2070文字有料会員になると続きをお読みいただけます。