公団住宅の真ん中にY字形の建物、その名もスターハウス

有料会員記事

文・伊藤隆太郎、写真・迫和義
[PR]

 高度成長期、勤労世帯が住んだ団地。素っ気ない直方体の建物が多い中、Y字形の特別な建物があった。その建物の名は――。

 都市部の勤労世帯に向け、旧・日本住宅公団(現在の都市再生機構)が1950年代から整備を進めた「公団住宅」。ステンレス製の流し台や水洗トイレなど、当時の先端設備が備えられた「団地」は、高度経済成長期を象徴するあこがれの住まいだった。

 花形は、スターハウス。1フロアあたり3戸が3方向に広がるように配置された、特別な建物だ。素っ気ない長方体の「板状住棟」が並ぶ団地のなかで、景観にアクセントを与える狙いなどから配置され、人気が高かった。

 そんなスターハウスが昨年、団地として初めて登録有形文化財となった。東京23区内で初の大規模団地として62年に誕生した北区の赤羽台団地。老朽化にともない、高層の「ヌーヴェル赤羽台」として建て替えが進むなか、3棟のスターハウスと1棟の板状住棟が保存される。昨年までに住民は退去し、すべて空室だ。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員限定のプレゼントもあります。

 都内のライター、浅井郁子さ…

この記事は有料会員記事です。残り1259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら