[PR]

 小泉進次郎環境相は、国内外から批判が強かった日本の石炭火力発電所の輸出支援について、今後、現実的には新たな案件は出ないとの見解を示し、次の国のエネルギー基本計画の見直しに、気候変動政策を所管する環境省として積極的に関与していく考えを明らかにした。朝日新聞の単独インタビューに答えた。

 小泉氏は、政府が9日に決めた新しいインフラ輸出戦略の骨子に、石炭火力の輸出支援条件の厳格化や「支援を行わないことを原則とする」と盛り込まれたことについて、「推進するものを書く輸出戦略に、唯一、推進しないものとして石炭が入っていることがポイントだ」と述べ、今後、新たな支援案件は出ないとの考えを明らかにした。

 エネルギー政策の基盤となっているエネルギー基本計画は、経済産業省主導で策定され、その後に気候変動政策を検討する手順で進められてきた。だが「原発事故以降、凍り付いたエネルギー政策が石炭を動かすことで解凍され始めた」と言及。来年に予定される次の見直しでは、「気候変動とエネルギー政策は一体不可分なので一緒にやっていく」と一層の関与に意欲を示し、「間違いなくこれまでとは違う形で議論が進んでいく」と話した。

 また、石油や石炭など地下資源…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら