[PR]

(24日、大阪独自大会 東住吉 18 - 0 西成)

 東住吉の1番打者、水田大智(ひろとも)君(3年)は、2打席連続でランニング本塁打を放った。三回2死満塁で中越えに、四回2死一、三塁では右越えに大きな飛球を放ち、快足で駆け抜けた。

 ともに内角の直球を打ったという。水田君は「鋭く振り抜くことを考えていて、打球が伸びてくれた。塁に出るのが自分の役割で、今まで本塁打は1本だけだったのに」と笑った。

 今年初め、学校にバッティングケージが導入された。「チーム全体で打撃練習した成果が出ました」(川本裕司)