[PR]

 昨秋の九州大会4強で、8月の甲子園交流試合に出場する鹿児島城西が、鹿児島独自大会の準々決勝で国分中央に敗れ、姿を消した。

 先発前野が四死球6、暴投1と乱調。五回に4安打を浴びるなどして降板した。救援のエース八方は3イニングで奪三振5と力投したが打線がふるわず。国分中央の米崎に要所を締められ、九回の得点機もあと1本が出なかった。

 プロ出身の佐々木誠監督は「甲子園に向けて課題が見えた。彼らの成長のために糧となる敗戦だった」と振り返った。=平和リース