電脳女将発信の渡辺健太さん死亡「これからだったのに」

有料記事九州豪雨

倉富竜太

 九州で降った7月豪雨は、大分県由布市の湯平(ゆのひら)温泉で旅館を営む一家も襲った。「電脳女将」のアカウントで情報を発信し、サブカルチャー好きに人気の宿だった。一家の行方を捜している大分県は25日、発信を一手に担ってきた渡辺健太さん(28)の死亡が確認されたと発表した。

 「立派に旅館を切り盛りできるようになり、そのことを誰よりも両親が喜んでいた。言葉もない」。渡辺健太さん(28)の死亡が確認された25日、大分県由布市の湯平温泉の旅館関係者は声を詰まらせた。

 健太さんは中学卒業後、祖母の登志美さん(81)=9日に死亡確認=、登志美さんの長女で母の由美さん(51)=25日に死亡確認=が切り盛りする「旅館つるや隠宅(いんたく)」で働くようになった。それを会社員で父の知己さん(54)を含め、家族全員で温かく見守ってきた。

 健太さんは、SNSなどで旅…

この記事は有料記事です。残り379文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!