[PR]

 大阪市西淀川区姫島のミニFM局「エフエムひめ」で8月から、障害や病気について語り合う特別番組が始まる。出演する4人はいずれも当事者や家族だ。互いに本音を打ち明け、「生きづらさ」や「差別」について考えたいという。

 番組名は「喫茶ひとやすみ」。今月12日に初収録があった。「いらっしゃーい」。昭和風情漂う喫茶店の店主との設定で語るのは、番組を発案した桜木心(さくらぎしん)さん(31)だ。この「店」に入れる条件は一つ。「自分を隠さないこと」だ。

 桜木さんは高校生の時、うつ病とパニック障害と診断された。現在はピアカウンセラーとして同じ境遇の人の相談に乗っている。

 きっかけは別番組を持つお笑い…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら