10万円給付、まもなく締め切り続々 その効果とは

有料記事

編集委員・伊藤裕香子
[PR]

 1人10万円の給付金は、7月半ばをすぎて全国の9割以上の世帯に届いた。12兆9千億円もの税金を投入する「国民みんな」へのかつてない公的支援。申請を締め切る時期に入ったが、危機時の即効薬に効果は見えてきたのだろうか。

 申請期限は自治体によって異なり、9月15日までに順次迎える。「郵送申請の受け付けから3カ月以内」が基本だが、「必着」「消印日」で判断がわかれるなど、対応はまちまちだ。各自治体のホームページで確認できる。

 22日には、全国で最も早く、熊本県産山村と沖縄県渡嘉敷村が締め切った。渡嘉敷村は2日前には、全430世帯への払い込みを終えていたという。

 総務省の調べでは、67の自治体が7月中に期限を迎え、全国の6割にあたる1076の自治体は8月中旬に締め切る。東京都江戸川区相模原市京都市大阪府枚方市和歌山県紀の川市の9月15日が、最も遅いという。

■9割超に給付済み…

この記事は有料記事です。残り1247文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!