立命館宇治が敗退 最後の打席かも…犠打の指示ためらう

小俣勇貴
[PR]

 (26日、京都独自大会3回戦 久御山2―1立命館宇治)

 昨夏の甲子園に出場した立命館宇治が惜敗した。好機にいずれも強攻したが、3併殺と裏目に。なぜ、送らなかったのか。

 一回、先頭打者が安打で出ると、次打者の岡田蒼司(3年)に送りバントのサインは出なかった。3球目を打って遊ゴロ併殺打。3人で攻撃を終えた。

 その後、久御山の右腕・嶌田拓海(3年)に変化球を低めに集められ、苦しんだ。1点を追う五回は無死一塁から一ゴロ併殺打。続く六回も先頭打者が二塁打を放ったが、ここでも強攻。結局、1死一、二塁から二直併殺で好機を失った。

 7イニング制の京都では、先行するのが大事になる。接戦ならなおさら、手堅く1点をとりたいはず。それでも、犠打はなかった。里井祥吾監督が理由を明かす。「彼らの最後の打席になるかも、と思うと、サインは出せなかった」

 新型コロナウイルスによる休校が明けた6月上旬、練習を再開すると、選手の動きが想像していたよりもよかった。「ぶれずに練習してきてくれたのだと思う」。そこから大会までの1カ月半、部員たちが「バントをせず、打ってつなごう」と打撃重視で取り組んできたことも知っている。

 部員たちの意をくんだ結果、6安打1得点。主将の岡田は「点を取るべきところで取れなかった」と悔やんだが、監督は言い切った。「3併殺は仕方ないです。ベストゲームだったと思う」。選手に寄り添って、この夏を終えた。(小俣勇貴)