[PR]

 北朝鮮南西部の開城(ケソン)市で新型コロナウイルスの感染が疑われる人物が確認され、北朝鮮当局は24日、同市を完全に封鎖した。朝鮮中央通信が26日に報じた。現場は南北の軍事境界線に近く、北朝鮮はこの人物が韓国側から越境した元脱北者の男性だと説明している。北朝鮮はこれまで国内に感染者はいないと主張しており、感染の疑い例に言及するのは初めて。

 同通信によると、男性は3年前に脱北し、今月19日に韓国から開城市に戻った。北朝鮮当局は男性に数回にわたる検査を行った結果、感染の疑いがあると判断。隔離措置を取るとともに、男性と接触した人などへの検診や隔離も進めている。また、今回の感染の疑いが金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に報告された直後の24日午後から、同市の封鎖を行っているという。

 正恩氏は25日、朝鮮労働党政治局が緊急招集した非常拡大会議で、「強力な防疫対策を講じてすべてのルートを閉鎖したが、危険な事態が発生した。現実を重大に受け止めるべきだ」と指摘していたという。同通信は、この会議で開城一帯に非常事態を宣言し、防疫対策に取り組むことが決まったと伝えた。最前線部隊に厳正な処罰を行い、今後の対策を講じることも討議されたとしている。

 北朝鮮は中国国内で感染が拡大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら