[PR]

 豊島将之名人(30)=竜王とあわせ二冠=に渡辺明二冠(36)が挑戦する第78期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第4局は27日午前9時、東京都文京区のホテル椿山荘東京で始まった。ここまで2勝1敗の豊島名人が初防衛にあと1勝と迫るか、渡辺挑戦者がタイに戻すか、重要な一局だ。

 第4局は渡辺二冠の先手番。持ち時間が各9時間の2日制で27日夕方に封じ手、28日午前9時に再開し、夜までに決着する見込み。立会人は中村修九段(57)が務める。(村上耕司)

中村太地七段の動画解説

名人の封じ手「いくつか候補が」

 繰り返し長考した豊島名人。封じ手は「いくつか候補がある」と中村太地七段は話す。

 形勢は「少し先手(渡辺挑戦者)を持ってみたいが、きわどい戦いになると思います」という状態にある。豊島名人が選んだのは攻める手か受ける手か。「一つ一つの変化を深く読める展開。局面としては終盤に突入している。あすは終盤の読み合いになるのではないでしょうか」

 どんな封じ手なのか、あすが楽しみという中村七段。封じ手の予想や終盤の展望について、動画で解説した。(高津祐典)

【第78期将棋名人戦第4局】大長考、また大長考、どうなる封じ手…中村七段の解説

18:30

封じ手は豊島名人

 豊島名人が68手目を考慮中、午後6時半になり、立会人の中村修九段(57)が「次の手が封じ手になります」と声をかけると、すぐに豊島名人が封じる意思表示をした。

 67手目に渡辺挑戦者が豊島名…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら