[PR]

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51)に対する嘱託殺人容疑で医師2人が逮捕された事件で、大久保愉一(よしかず)容疑者(42)=仙台市泉区=のものとみられるツイッターのアカウントから、患者の「安楽死」を金で請け負う漫画の登場人物「ドクター・キリコ」へのあこがれを表す投稿が相次いでいた。キリコに自らを重ね合わせたような内容が多く、京都府警は事件との関連を調べている。

 キリコは、手塚治虫の漫画「ブラック・ジャック」に登場する医師。生をあきらめかけた患者に医師は何をすべきかをめぐり、無免許の天才外科医ブラック・ジャックと対立する。

 キリコに言及したツイッターへの投稿は、厚生労働省の医系技官を辞めた大久保容疑者が、東北地方の病院で勤務医をしていた2013年以降に目立つ。卒業アルバムの将来の夢に「ドクターキリコ」と書いたことなどがつづられている。

 「やっぱりオレはドクターキリコになりたい。というか世の中のニーズってそっちなんじゃないのかなあ」(13年4月)

 「俺がもしも開業するなら、ドクターキリコしかないなといつも思う。自殺幇助(ほうじょ)になるかもしれんが、立件されないだけのムダな知恵はある」(14年1月)

 大久保容疑者が宮城県名取市にクリニックを開業した18年以降には、患者を死亡させる具体的な方法に考えをめぐらせる内容の投稿も出てくる。

 「キリコ風のデバイスをアタッ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら