[PR]

 豊島将之名人(30)=竜王とあわせ二冠=に渡辺明二冠(36)が挑戦している第78期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第4局は28日、東京都文京区のホテル椿山荘東京で指し継がれ、午後6時58分、渡辺挑戦者が101手で勝ち、対戦成績を2勝2敗のタイとした。

 持ち時間各9時間のうち、残りは名人1分、挑戦者1時間54分。第5局は8月7、8日に東京都渋谷区の将棋会館で。

中村太地七段の動画解説

勝負を捨てない名人、難解な終盤

 「豊島名人は最後まで勝負を捨てないで、わなを張った手を指した。ただ、さすが渡辺挑戦者。時間をかけて、見破った」と副立会人の中村七段は話す。

 「渡辺挑戦者は緩んだところがなく、いつも以上に慎重に指していた」という。難解な終盤を中村七段が動画で読み解いた。(高津祐典)

【第78期将棋名人戦第4局】大逆転したAI評価値!超難解な終盤戦、中村太地七段が生解説

渡辺二冠「選択肢がなかった」

 第78期将棋名人戦第4局は7月28日午後6時58分に終局し、渡辺挑戦者が101手で勝ち、シリーズ成績を2勝2敗のタイに戻した。終了直後、主催者によるミニ・インタビューが行われた。主なやりとりは以下のとおり。

 渡辺挑戦者の一問一答は次の通り。

――1日目の進行は?

「(39手目▲1五歩と)端の位を取るのが作戦だったんですけど、その後は、ちょっと、やったことが無い……。ちょっと、よく分からないと思いながら指してたんですけど」

――(61手目)▲3九金は55分の長考でしたけど。あの辺りは、いろいろ違う手を考えて?

「▲3九金は変な手なんで。ただ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら