[PR]

 太平洋戦争末期の沖縄戦で、旧日本軍が司令部を置いた首里城(那覇市)地下の壕(ごう)について、沖縄県が公開の適否を検討する委員会を発足させる。崩落の恐れがあり、いまは立ち入りを規制。過去にも公開を模索したが実現しなかった。ただ、沖縄戦の指揮をとった軍事的中枢施設だけに、公開を望む声は根強い。

 壕は旧陸軍の第32軍(沖縄守備軍)司令部壕。首里城の地下に残る。学校や住宅が広がる街の下まで計1キロ以上にわたり南北に坑道が延びる。最も深い所は地下30メートルほど。入り口は5カ所ある。

 当時は司令官や参謀の部屋、台所などがあり、廊下にはベッドが並び1千人余りの将兵や軍属らが雑居していたとされる。県内各地に残る戦跡の中でも大規模な地下壕だ。県は「沖縄戦を伝える重要な戦跡」と位置づけ、坑道を補強して保存し、年1回は内部を点検している。

 ただ、戦時中の爆破の影響で内部が崩れていたり、支柱が外れていたりする。県はこれまでも一般公開を検討したが、地質調査の結果も踏まえ「安全確保が困難で整備には莫大(ばくだい)な費用がかかる」として留保してきた。那覇市も1960年代に調査したが、崩落が激しく公開には至らなかった。

 司令部壕に再び光があたったの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら