[PR]

 梅雨が明けない。7月も残りわずかだというのに、28日までに梅雨明けしたのは九州南部と奄美・沖縄だけ。関東甲信では8月にずれ込みそうだ。居すわる前線の影響で、農作物やレジャー施設にも影響が出ている。(山岸玲、増山祐史、黒田壮吉

 気象庁は28日、九州南部が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より14日遅れで、1951年に統計をとり始めてから3番目の遅さだ。

 平年ならば、28日は東北北部で梅雨明けを迎える日だ。現状では四国と中国、近畿、東海、関東甲信で梅雨明けが7~10日遅れている。

 日照時間も短い。27日までの20日間で、東京都心では平年の29%、静岡市で35%、長野市で34%、仙台市で42%などとなっている。

 今年、関東甲信が梅雨入りしたと見られるのは6月11日。7月中旬ごろから太平洋高気圧が勢力を伸ばし、梅雨前線は北へ追いやられて消えるのがパターンだ。

 しかし、今年は太平洋高気圧が一向に張り出してこない。かわりに南シナ海からフィリピンの東海域に広がり、台風のもとになる積乱雲の成長を抑え込んでいる。このため7月の台風発生数は「0」。このままなら51年の統計開始から初めてのことになる。

 気象庁によると、今週には太平…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら