[PR]

 停滞する梅雨前線と日本海を東へ進む低気圧の影響で、29日朝にかけて東北や北陸を中心に大雨が予想されている。少ない雨でも災害が起きる可能性があり、気象庁は土砂災害や河川の氾濫(はんらん)に対する厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、28日早朝には、秋田県由利本荘市北部付近で1時間に約100ミリの猛烈な雨が降ったとみられる。雨は28日午後にピークを迎えるとみられる。29日午前6時までの24時間降水量の予想は多いところで、東北の日本海側や新潟県、富山県で200ミリ、東北の太平洋側で150ミリなどとなっている。

 気象庁の岸本賢司予報官は、東北や北陸で大雨特別警報が出される可能性があるとして、早めの避難行動を呼びかけた。また、これらの地域では、「少ない降水量で土砂災害や河川の氾濫が起きるかもしれない」と話した。(山岸玲)