[PR]

 愛知県豊橋市で27日、除草作業中の作業員ら3人が暴走した乗用車にはねられ死傷した事件で、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された住所・職業不詳の青野圭容疑者(27)が、事件当日に自分の車で静岡県から豊橋市に移動していたことが、捜査関係者への取材でわかった。青野容疑者の車は浜松ナンバーで、静岡県内で生活していたとみられる。愛知県警は、豊橋市を訪れた理由を調べている。

 豊橋署によると、青野容疑者は27日午後2時半ごろ、豊橋市大村町の県道で、警備会社員の夏目喜生さん(46)=愛知県田原市=ら3人に突っ込み、殺害しようとした疑いがある。夏目さんは頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡。除草作業をしていた豊橋市のパート男性(44)が左手を骨折し、同じく豊橋市のパート男性(64)が肋骨(ろっこつ)骨折などの大けがを負った。

 事件発生から一夜明けた28日、夏目さんの同級生の男性(47)は取材に対し、「亡くなったという感覚がまだない」と肩を落とした。夏目さんは警備の仕事中でも、男性がクラクションを鳴らすと、笑顔で手を上げて応じてくれたという。別の知人男性(42)は「いつも笑顔で、底抜けに明るい先輩だった。何を言っても『なっつさん』は戻ってこない。悔しい」と、振り返った。