[PR]

 東海テレビ放送の人気バラエティー番組「ぐっさん家(ち)」の撮影で使っている名古屋市中区の建物が焼け、男性1人が死亡した火災で、同局は28日、番組の放送を続ける方針を明らかにした。

 同局は28日午前にホームページ上にお知らせを掲載。亡くなった男性に弔意を示したうえで、視聴者から多くの心配の声と激励の言葉が寄せられているとし、「この場をお借りして厚く御礼申し上げます。『ぐっさん家』は、これからも放送を続けてまいります」とした。

 火災は同市中区新栄2丁目で27日未明に発生。木造2階建て建物の1階居酒屋と2階の2室が焼けた。居酒屋店長の稲森公一さん(62)と連絡が取れなくなっている。