[PR]

 政府・与党に「是々非々で臨む」との姿勢を強調する日本維新の会。閉会中の国会での審議をめぐり、28日の自民党幹部との会談で、記者会見や国会答弁に立たない安倍晋三首相の対応に批判の声を上げた。政権幹部に近い維新からの「直言」に、自民側はどう応じたのか。

 28日昼、国会中央の常任委員長室。与野党の党首会談などで使われる「特別な部屋」だ。維新の遠藤敬・国会対策委員長の呼びかけで、自民の森山裕、公明の高木陽介の両国対委員長が顔をそろえた。

 遠藤氏「ぜひどこかのタイミングで総理の出席をお願いし、国民にご説明する機会をとって頂きたいと心から思っている」

 森山氏「コロナの問題にしても、災害復旧・復興の問題にしても、極めて大事な課題。閉会中でも適宜適切に国会を開くことは与野党で合意できると思う」

 報道陣に公開された会談の冒頭…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら