愛知→岐阜・三重 じわじわ広がる「感染ドミノ」

有料会員記事新型コロナウイルス

木村俊介
[PR]

 愛知県とつながりのある新型コロナウイルスの感染者が、7月に入って岐阜、三重両県でじわじわと増えている。27日までに少なくとも計26人。愛知県では首都圏由来の感染者が急増したが、ドミノ倒しのように隣県に広がっている。

 「7月11日 名古屋市内に買い物、食事」。三重県は26日、感染が確認された10代の女性2人について、こう発表した。2人は10日ほどたって頭痛や発熱の症状が出たという。

 三重県によると、7月は27日までに28人の感染が確認されたが、少なくとも3分の1を超える10人が愛知県由来とみられる。愛知県と生活文化圏を共有している事情もあり、鈴木英敬知事は「首都圏や愛知県、大阪府の繁華街など、感染者が急増しているエリアとの往来を極力控えて」と呼びかけている。

 岐阜県でも、感染者84人の…

この記事は有料会員記事です。残り327文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]