[PR]

 今月上旬の記録的な豪雨で、熊本県では約6千棟が床上浸水した。熊本地震を経験した県は仮設住宅の建設を急ピッチで進めるが、山あいの被災地では用地確保が課題だ。長引く避難生活に、被災者からは安心して過ごせる住まいを求める声が上がっている。

熊本地震の教訓生かす、でも…

 25日朝、熊本県人吉市麓町の人吉城跡。約30人の建設作業員が、仮設住宅の柱やはりを手際よく組み立て始めた。約2400平方メートルの市有地に、15戸を建てる県の事業。完成は8月中旬の予定だ。

拡大する写真・図版豪雨の被災者向けの仮設住宅の組み立てを進める作業員ら=2020年7月25日午前9時23分、熊本県人吉市麓町、松岡大将撮影

 現場をまとめる建設業者の堺優一さん(46)は「熊本地震で仮設住宅の建設に慣れている人が多く、作業は順調に進んでいる。被災された皆さんのために、安心できる住まいを一日でも早く提供したい」と話す。

 2016年の熊本地震の教訓から被災者の住まいを重視する県は、4日の被災直後から仮設住宅の準備を始め、1週間後の11日には人吉市や山江村で建設に着手。地震の時より8日早かった。市町村に対し、候補地を準備するよう事前に呼びかけていたという。今回は市町村とすぐに協議し、用地を選定。仮設住宅の設計図は熊本地震のものを参考にした。

拡大する写真・図版被災者向けの仮設住宅の建設現場で、木材を加工する作業員=2020年7月25日午前9時33分、熊本県人吉市麓町、松岡大将撮影

 現在、被災した7市町村で計224戸の仮設住宅建設が進んでいる。8月上旬から9月下旬に完成予定だ。

 県内の6割強にあたる3775…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら