[PR]

 テレビドラマを中心に活躍を続ける俳優の渡辺いっけい(57)。40年近いキャリアを持つベテランが、自主制作映画の現場に飛び込んだ。その挑戦とは。

 役者人生のスタートは、舞台だった。大阪芸術大学在学中に、学生劇団として旗揚げした「劇団☆新感線」で活動を始めた。上京後、劇団「状況劇場」に参加。1988年の劇団解散後は、フリーとして、故蜷川幸雄や野田秀樹の手がける舞台に次々と出演した。

 アルバイトをせずに何とか生活できるようになった頃、NHK朝の連続テレビ小説「ひらり」(92年)のオーディションに声がかかる。

渡辺いっけい主演映画「いつくしみふかき」(大山晃一郎監督)は大阪、長野などで公開中。8月以降、愛知、京都、兵庫などでも公開予定。

拡大する写真・図版©「いつくしみふかき」製作委員会

■「ひらり」でお茶の間…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら