[PR]

 中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)の実証実験を、日本銀行が本格的に始める。米フェイスブック(FB)が昨年に民間主導のデジタル通貨・リブラの構想を打ち出し、中国などは発行に向けた準備を進める。日銀は現時点で具体的な発行計画を持たないが、「デジタル円」の研究を深める計画だ。

 日銀は決済機構局内に今月20日、約10人のデジタル通貨グループを設けた。木村武局長は朝日新聞の取材に、「(CBDCの検討は)日銀として当面の最優先事項の一つと位置づけて取り組む」「準備のステージから一段レベルを引き上げて検討を進める」と語った。

 実験の開始時期は未定だが、木村氏は「日銀単独ではなく、技術に詳しい民間の知恵を借りたい」と述べて民間と協業する考えも示した。CBDCの基本機能として、現金と同様にだれでもどこでも使える「ユニバーサルアクセス」と、災害時に電源などのない状況でも使える「強靱(きょうじん)性」の二つの特性が大切と指摘。こうした機能の実現性を実験で確かめる方針だ。プライバシーの扱いや利用残高などのしくみの設計の研究も進める。

 将来の導入に向けて「現金流通…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら