[PR]

 新型コロナウイルスの国内の感染者は28日午後11時半現在で、新たに982人が確認された。23日の981人を超え、1日あたりの感染者として過去最多となった。東京都は266人で2日ぶりに200人を超えた。大阪府の155人、愛知県の110人はいずれも過去最多を更新。各地で感染拡大が続いている。

 大阪府は8月1日から20日まで、5人以上での宴会や飲み会を控えるよう府民に呼びかけた。新型コロナ対応の特別措置法24条に基づく協力要請で、強制力はない。府によると、府内の居酒屋・飲食店などに滞在歴がある感染者は7月25日までの1週間は77人で、その前週は15人だった。吉村洋文知事は「国は『大人数での会食を控えて』と言っているが、(具体的な)人数を設定すべきだ」と強調した。

 愛知県の大村秀章知事も記者会見で「全く別世界になったと認識している」と危機感をあらわにし、「人数の多い宴会、夜の会食は自粛していただくことが望ましい」と県民に求めた。

 1日の感染者が最多となった沖縄県の玉城デニー知事も、東京など感染拡大が続く17都府県から訪れた人と長時間会食をしたり同行したりした際に、慎重に行動し感染予防を徹底するよう呼びかけた。

 鹿児島県では10人の感染を確認。このうち6人は感染が広がっている与論島の在住者で、同島の感染者は計42人となった。

 熊本県では、山鹿市の介護老人保健施設「太陽」で入所者の90代女性1人と、40代女性と50代男性の職員2人の計3人の感染を新たに確認し、施設内の感染者は計26人になった。ほかに造船大手ジャパンマリンユナイテッド(JMU)の有明事業所で関係者計33人の感染が確認されている。

 長崎県では県議1人の感染が確認された。22日に同県大村市の大雨被災地を視察し、議会運営委員会に出席。のどに違和感があり、27日にPCR検査をしたところ、同日夜に陽性と確認されたという。