【動画】明治期の砲台が残る友ケ島=矢木隆晴、小宮路勝撮影
[PR]

 緑色の芝生と赤れんがの砲台跡が鮮やかなコントラストを作る。まるで巨大文明が崩壊した後の廃虚のように、風化が進む。

 紀淡海峡に浮かぶ友ケ島は、和歌山市加太港から船で約20分。かつて大阪湾を守った軍事要塞(ようさい)の島で、終戦まで一般人は立ち入ることができなかった。「由良要塞」の一部で、五つの砲台跡や「旧海軍聴音所跡」など貴重な戦跡が残る。

 アニメ映画「天空の城ラピュタ」の世界を思わせると、コスプレ姿の撮影などがSNSで広まり観光客の人気を集める。2017年には約8万6千人が訪れた。

空からみた戦跡
朝日新聞デジタルでは戦後75年に向け、全国に残る戦跡をドローン撮影した動画を随時配信していきます。第2回の「千葉県茂原市に残る掩体壕」はこちらから

 管理する和歌山市は、観光と遺…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら