[PR]

 JR新庄駅併設の最上広域交流センターゆめりあで、今年は中止になった新庄まつりにまつわる展示を集めた特別企画展が開かれている。ゆめりあの開館20周年を記念した事業の第1弾で、同館の活性化をめざし、今後も様々な企画が予定されている。

 会場には、新庄まつりの歴代のポスターや各山車(やたい)の若連の法被、ミニチュア山車などが並ぶ。主に新庄市内の保育園児や小中学生らから寄せられたまつりの絵606枚や、新庄南高美術部となかよし保育園、升形川に親しむ会の3者がリレー形式で制作した大型の絵灯籠(とうろう)も展示されている。

 新型コロナウイルスの感染拡大で中止になったまつりの雰囲気を少しでも感じてもらおうと、8月1、2日には、ゆめりあに展示されている山車の公開修繕が行われる予定。

 企画展は8月31日まで。入場…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら