[PR]

紅ゆずるの お悩み聞いてくれない?

 「後輩の指導で悩んでいます」「異動が多い仕事場で…」。宝塚歌劇団の元星組トップスター紅(くれない)ゆずるさんが、職場でのお悩みにアドバイスします。公演を再開した宝塚への思いも。

後輩の指導で心がけていたことは?

 会社の後輩がミスをしたとき厳しく指導することができません。下級生の指導で心がけていたことは?(福岡県、まあ)

紅さん「感情は入れずに『指摘』を」

拡大する写真・図版紅ゆずるさん=外山俊樹撮影

 人のミスを指摘するのは、すごくしんどいことです。言われた方も「なんでそこまで言われなきゃいけないの」と思うかもしれませんが、後になって「あのとき言っていただいてよかったです」と下級生に言われたことがたくさんあります。そういう子たちとは後々仲が良いし、慕ってくれます。

 どうしても火がつかない後輩には、私が悪者になってでも、気になるところを伝えていました。根底には、期待や愛情があるからです。それは、一つの公演やプロジェクトを成功させるためにも大切なこと。「これからも宝塚歌劇が発展してほしい」と思うから、ときに厳しい言葉もかけていました。

 私自身も先生や上級生に言って…

この記事は有料会員記事です。残り1392文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1392文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1392文字有料会員になると続きをお読みいただけます。