[PR]

 激減しているニホンウナギの稚魚「シラスウナギ」を不正に香港へ持ち出そうとしたとして、大阪府警は29日、大阪府や神奈川、千葉両県の男7人を関税法違反(無許可の輸出未遂)の疑いで逮捕し、発表した。男らの一部は府警の任意聴取に「以前から国外へ持ち出していた」と説明。ウナギの資源管理が国際的な課題となるなか、密輸ルートの存在が浮かんでいる。

 生活環境課によると、逮捕されたのは大阪府泉大津市の坪田利昭容疑者(59)や堺市北区の酒井正人容疑者(61)ら。2人は容疑を認めているという。府警は坪田容疑者が指示役で、香港への運搬役らとの間に報酬のやり取りがあったとみている。

 坪田容疑者らの逮捕容疑は1月…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら