[PR]

 IP電話の番号取得に必要なスマートフォン向けアプリの「2段階認証」ができるように手続きを代行したとして、埼玉県警は29日、栃木県大田原市の無職の男(20)を私電磁的記録不正作出・同供用容疑で逮捕した。得られた番号は特殊詐欺事件で使われており、県警は詐欺グループが身元を隠すために代行を依頼したとみて実態解明を進める。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者などによると、逮捕容疑は2019年9月19日、自分が契約した格安SIMカードの電話番号や番号に送られる認証用のコードを依頼してきた他人に伝え、IP電話番号が取得できるスマホ向けアプリへの登録2回分に必要な2段階認証を代行したというもの。アプリによって、取得した番号をスマホの元々の電話番号と使い分けたり、データ通信機能のみの端末で通話を可能にしたりすることができる。

 依頼者側が得た「050」で始まる二つの番号は県警が把握する過去の特殊詐欺事件で使われ、少なくとも県内で3件、約300万円の被害が確認されている。県外での被害もあったという。県警は男が依頼者側とSNSでやりとりして約1千円の報酬を得ていたとみているが、男はこれまでの調べに「特殊詐欺に利用されるとは知らなかった」などと説明したという。

 2段階認証はログインの際に事…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら