[PR]

 ANAホールディングスが29日発表した2020年4~6月期決算は、営業損益が1590億円の赤字(前年同期は161億円の黒字)、純損益が1088億円の赤字(同114億円の黒字)になった。新型コロナウイルスの影響で旅客数が大幅に減り、営業損益、純損益ともに赤字額は四半期決算の開示を始めた03年以降、四半期として過去最大になった。

 売上高は1216億円と、前年同期より75・7%も減った。重症急性呼吸器症候群(SARS)の影響を受けた03年4~6月期の売上高2596億円を大幅に下回り、四半期として最低になった。

 新型コロナによる業績の悪化は深刻で、8月の計画に対する減便率は、国内線は2割減まで戻しつつあるものの、国際線は9割減が続いており、影響の長期化は避けられない。ANAは20年3月期決算を発表した4月28日時点で、21年3月期の通期業績見通しを「新型コロナの収束時期が分からない」として「未定」としていたが、今回も公表を見送った。(南日慶子)