[PR]

 原爆投下後に降った「黒い雨」をめぐり、司法が被害者の援護拡大を認める初の判断をした。待ち望んだ原告らは喜びに沸いた。

 「1人も漏れなくですか。本当によかった」。検査で訪れた病院を出たところで記者から勝訴の一報を知らされ、広島市佐伯区湯来町の児玉伸子さん(84)は声を上げた。国の定めた大雨・小雨地域の外の地域の原告の一人だ。

 「黒い雨におうとるんじゃから。子ども心でも鮮明に覚えとります」

 あの日、国民学校の4年生。爆心地から北西に約20キロ離れた旧上水内(かみみのち)村(現広島市佐伯区)の学校で黒い入道雲を見た。村内の自宅近くで空から落ちてきた新聞紙や布を拾って遊んでいると、黒い雨が降ってきた。真っ白なブラウスが黒く染まった。そんな記憶が今もよみがえる。

 60歳ごろになると、がんで亡…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら